大女優エビ様の、ぷっぷくぷー

◆ プロフィール

bonny.m

Author:bonny.m
ようこそ、奇特な方!

◆ 最近の記事+コメント

◆ 最近のトラックバック

◆ カテゴリー

BlogPeople
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ふたご座流星群
本日は久しぶりに父の話題でも書きましょうかねー。



12月14日~16日、日本の太平洋側で
ふたご座流星群が見れると話題でしたね。
皆さん、ご覧になられましたか?
私も「どれどれ?」と14日の23時ごろ
庭に出て夜空を見上げました、寒い中。
どれが何座とか私が知るはずもありません。
適当に星がたくさん見える場所を見上げました、寒い中。



見上げ始めて程なく、ヒュン!と流れ星が。
15分くらいの間に3つくらい確認出来ました。





DSCN0558.jpg




翌15日、徳島県は朝からかなりの冷え込みでした。
会社で来客と父と3人で話してるときに
「今日がこんなに寒いなら昨日見ておいて良かった~」
と流星群の話題を2人に振ったんです。
「何時ごろ見えた?」とか「どの方向に見えた?」
流星群の話題にかなり食いついていた父。



その日の23時すぎ。
TVを見ながらウトウトしていた私の携帯が鳴りました。父からです。
深夜の家族からの電話ほど緊張するものはありません。
深呼吸してから出ました。




「あー、お父さんやけど、星見えるかー?」





DSCN0559.jpg




「見えんのやけど、どっち方向に見えるん?
 曇りやけん見えんのかなー?」





DSCN0556.jpg




『そういう他愛も無い会話は夜中にわざわざ
 電話をしてきて話すことではない!!』

と誰かウチの父に教えてやってください。
私が何度言ってもダメなので。





DSCN0555.jpg




そんなこと言わずに、ね。








 ← クリック ありがと♪




ちなみに父の石コレクション さとちん がアップしてます。


スポンサーサイト
親子で残念
このブログにウチの父の変な趣味をいくつか披露してきましたが
実は普通に旅行も好きなんです。
旅行会社主催のバスツアーで日本全国津々浦々行ってます。
そして、いつもお土産を外します。
もう本当に毎回毎回「何でこれ買ってきた?!」と思うものを。
行き先が分かってるときはお土産をリクエストすることもありますが
最近、父がよく行くのはミステリーツアーなるもの。
行ってみるまで行き先が分からないというツアーです。
お土産リクエスト出来ません。だから要らないと言うんですが、
そこは仕事を休んで行く心苦しさか何かしら買ってきてくれます。
今回はどうやら石川県あたりに行ったみたいです。





カニパスタ1




とにかく洋風な何かを買えば間違ってないと勘違いしがちな
父がチョイスしたカニパスタ。
でも生麺だから美味しいかもー?
しかし・・・・





カニパスタ2




ソースが粉って・・・。
これはこのまま作ったら、お弁当に添えられてる
ケチャップのスパゲティと同じ見た目になるんじゃないの?
カニパスタと呼ぶには残念な仕上がりになるんじゃないの?
ということで・・・・





カニパスタ3




家にあった食材でバージョンアップすることに。
おちびご飯用のプチトマトが残ってたし
いつもらったか記憶にないけどカニ缶もあった!
プチトマトを湯むきして、オリーブオイルでニンニク(乾燥)炒めて
そこにトマトとカニ缶を投入。
塩で味を整えて、輪切り鷹の爪も入れちゃえー。
それでこれを茹でて粉末ソースを混ぜたパスタに乗っけたら・・・





カニパスタ4





残念な仕上がりに変わりはありませんでした。
親も親なら、子も子です。








 ←これは父のコレクションの白い石。
   どれを クリック しても同じですよー。



初探し
今さらですが、正月2日の正午。
前夜帰宅が遅く、ぐーぐー寝ている私の部屋を父がノックした。
なにやらドアの向こうでボソボソ言ってからドアの前から立ち去った。
ちゃんと聞き取れなかったので起きて父がいる部屋に向かう。





探し物1




コーヒーを淹れながら「さっきなんか言ってた?」と聞くと
父が力ない声で「お父さんの車の鍵、知らんか?」と言った。





探し物2




父はよく物を行方不明にする。
本人は年をとったからだと言うのだが、そんなことはない。
今に始まった事ではなく、昔からそうだった。
「爪切り、知らんか?」「耳かき、知らんか?」などなど。
いつもの収納場所にあるのに見つけられなかったり、
自分が使って元の場所に戻さなかったり、さまざまな理由で行方不明にする。
その都度、私が見つけてくるのだ。
いつもの収納場所をじっくり探したり、または父の行動を推測して。




「正月そうそう、また探し物かよ!」舌打ちしながら鍵を探す。
いつもの収納場所から始まって、父がよく鍵を置き忘れている場所。
前日に着ていた服のポケット、父が出入りした場所など。
しかし、どこにもない。
車の近くに落としてないかと駐車場も見に行ったが、ない。



もう一度、同じところを確認しようと父の前を通ると
「な?どこにもないだろ?」と言った。
どこにもなかったら大変じゃないか!
車の鍵だけならいざ知らず、あれには家の鍵も会社の鍵も付いてるのに!
しかし何度探してもない。すると父が
「散歩中に落としたんかな?」などど言い放った。




おーのー・・・・。
父が散歩で歩いたコースを辿らねばならないのか・・・・。
一人じゃ嫌だから、おちび連れて行こう。でもその前にコーヒーを飲もう。





探し物3




私は食卓に父と向かい合う位置で腰をかけた。
たった今から我が家の食卓は取調室に早変わり。
もちろん刑事は私。容疑者は父だ。



私 「で、どのコースを歩いたの?」
父 「えっと・・・あの水門のところまで」
私 「で、どこをどう通って水門まで行ったの?帰りは?」
父 「・・・・・。」
私 「で、いったい何時、鍵持って散歩行ったの?」
父 「お前が買い物行くって出て行った時だから・・・」
私 「あの時、15分くらいだったよ?帰ってきたとき家に居たよね?」
父 「え?あれ・・・」
私 「しかもあれは31日の夜だよ?2日も前だよ?昨日は?鍵かけて散歩行ったの?」
父 「いや、鍵はかけなかった。」
私 「で、道のどちら側を歩いて水門まで行ったの?」
父 「今朝も、昨日の朝も散歩の時に見たけどなかった・・・」




おいっ!
今日無くした事に気付いたんじゃないのかよっ!
時間が経って捜索範囲が拡大したじゃんかよっ!





探し物4




そう思ったが口には出さず、父を一瞥しながら





探し物5




私 「お墓参りで集めたゴミと一緒に袋に入れたんじゃないでしょうねー?」
父 「あれ?お墓参りは30日に行ったよな?」
私 「違う!31日の朝!」
父 「あんな風の中、行ったか?」
私 「私は行ってないけど、お父さん行ったでしょ!
   私が30日に花買ってきて、31日の朝行っただろ!」
父 「あれー?お墓で忘れてきたんかな?」
私 「だったら今、駐車場に車があるのがおかしいでしょ。」
父 「・・・、初詣!・・・は乗せて行ってもらったんだったな・・・あれー?」
私 「お墓から帰ってきて何したん?」
父 「ほな荷物はあの風の中(車に)入れたんかな・・・」
私 「荷物って何入れたん?」
父 「除草剤撒く・・・・」
私 「ほれ、下の倉庫にあるけど?」
父 「いや、持って帰ってきたんやけど家にもあったけん、また車に・・・
   ほれで、クスノキの・・・あっ!」





探し物6




父は席を立ちバタバタと外に出て行った。
大声で「あった!あった!」と言いつつ戻ってきた。
庭木のクスノキの枝に引っ掛けていたのだった。
鍵が見つかったことで安心したのか、急に饒舌になる父。



「いやー、あれを思い出さんのやもんなー。2日も探したのにー。
 明日、出かけようと思ったのにどうしようかと思ったわー。
 切羽詰まったけん恥を忍んで告白したんよ。お前に相談して良かったわー!」




私は一言「良かったね。」とだけしか言えませんでした。
今年も探し物がやめられない一年になるみたいです。





探し物7




おちび、お前は探す方じゃなくて探される方でしょ?
でも脱走しても自分から帰ってくるだけマシか・・・。







 ←でも脱走はダメよ クリック よろしく!



お昼ご飯に・・・・
※本日の画像は本文とは全く関係ありません。
  むしろ本文の内容とは正反対となっております。





朝、出かけるときに姉が私に手渡したもの。
マックのハンバーガー2個。
昨日の残り物を私の昼ご飯にと渡された。
なぜ、このチョイスなのかは不明。





IMGP8001.jpg
差し出された物が何か確かめるおちび。




昼食時になり、いざ食べようとしたら父が私に手渡したもの。
サツマイモの天ぷら4枚。
昨夜の残り物をわざわざ(父が言った)私に持ってきてくれたんだそう。
なぜ、このチョイスなのか、こちらも不明。





IMGP8000.jpg




てゆーかさぁ、私をどーしたいわけ?!
それにさぁ、会社に電子レンジ無いの知ってるよね?





IMGP7999.jpg




冷えてパサついたハンバーガーと
同じく冷えてパサついたイモ天をもそもそ食べる私。





IMGP7996.jpg




( `д´)ケッ







 ← クリック してもらえると私の顔も輝きます♪


災難犬救助の巻
一昨日の夜散歩中に起こった出来事です。
(画像は最後以外、別の日に撮影したものです。)



いつものように2ワンを連れて散歩に出ました。
私が夜散歩で歩いてるコースには
サツマイモ畑に囲まれた道があります。
道と並んで幅2メートルの水路もあります。
車も通れる舗装された道ですが、主に農業用の道路です。
ここをオフリードにして歩いています。





Wちび
左が姉の犬チビ、右がおちびですよー。




犬達は寄り道(シッコメールチェック)したりするので私が先頭を歩きます。
昨夜も私がスタスタ歩き、犬達と少し距離が空きました。
犬達が追いつくのを待とうと思い、幅2メートルの水路と
畑を繋ぐために置かれた鉄板(工事現場でよく見かけるアレです。)の
上に立ってました。そこから犬達がよく見えたから。
図にするとこんな感じ。




現地略図
『姉』と書いてますが姉の犬の事ですよー。




A地点からC地点に向かって歩いていく途中、B地点で犬達を待ってました。
私が待ってることに気付いたおちびが走りよってきました。
私はかがみこんでおちびを撫でていました。
その姿を確認した姉の犬、チビ。
「今日のオヤツも、もしかしてジャーキー?」と思ってたかどうか
定かではありませんが、ニヘラニヘラとゆっくり歩いてきました。
そして私の手前15センチのところまで来て、
・・・・え? まさか?




バッチャーーン!!




やりよった・・・こいつ・・・・。
水に落ちたチビの姿が一瞬消えました。
そんなに透明度のある水路ではないので。
飛び込んで助けるべきか?!と思ったとき、バッチャバッチャと
泳いで浮かんできました。
水位があったので、膝をつき腕を伸ばしチビ救出作戦開始です。
しかし泳いでなかなかつかまえられない。
自力で上がろうと思ったのかも知れませんが、
上がれるような足場なんてないのに・・・。
「チビ!こっち!」大声で呼びかけ、ようやく首根っこを掴み引き上げました。
引き上げた瞬間、私は思いました。
水に落ちたショックで興奮するだろう。大丈夫かな?
大丈夫じゃなかった。 姉の犬が体をブルブルっと振るうと
狂ったように走り回り出しました・・・・




おちびが。
なぜ、水に落ちてないお前が?





耳ペタおちび




まあ、おちびもビックリしたんでしょう。
私は姉の犬を引き上げることに必死で、
おちびがどんな様子だったか確認してませんが、
「落ちちゃった、あわわ・・・」と思ってたんでしょう。
そして「良かった良かった!」と走り回ったのでしょう。





喜びの舞?




しかし興奮状態のおちびほど脱走の危険が増すのです。
私は何度目かの呼び戻しに成功し、おちびを落ち着かせました。
すると今度は姉の犬がふいっとC地点に向かい歩き出しました。
呼んでも戻って来ません。でもある程度の距離で待ってます。 
私が近付くと離れる。 走ると向こうも走りだす。
無理もない。さっき私に近付こうとして水に落ちたんだから。
「よし、このまま帰ろう。オフリードだけど。」
車に十分注意しつつ、かつ姉の犬を刺激しないように帰りました。
それが良かったのか帰宅してリードをつける頃には平常通りでした。
タオルで「泳げたんだね、エライね。」と褒めつつ軽く体を拭いてやりました。


 


濡れ犬
普通にモグモグ猪肉入りご飯を食べました。




しかし道が無いことを気付かなかったんだろうか?
またぐつもりだったけど足が上がらなかったんだろうか?
でも、あのニヘラニヘラと近付いてきた顔を思い出すと・・・
可笑しくって可笑しくってたまらないのでした。







 ←皆さんも クリック で救助してね!




続きを読むに余談あります。


◆ ブログ内検索

◆ カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

◆ 徳島で犬の手作り食が勉強できるところ


◆ FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

◆ 参加ランキング

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆ FC2カウンター

◆ 借りてます♪

あずきフォント ふい字

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 大女優エビ様の、ぷっぷくぷー all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。