大女優エビ様の、ぷっぷくぷー

◆ プロフィール

bonny.m

Author:bonny.m
ようこそ、奇特な方!

◆ 最近の記事+コメント

◆ 最近のトラックバック

◆ カテゴリー

BlogPeople
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
犬飼い歴 その1
「お母さん、犬飼ってよー!」

「お母さんが世話することになるからダメ!」


子供の頃、このような会話が出たことはありません。
なぜか?? 私がそう言いだす前に犬がいたからです。


はじめての犬は、柴犬のハナ。
我が家に来る前、ハナは叔父の知り合いの家で、猟犬をしていたそうです。
以前に事故に遭い、骨盤が狭くなっていました。 そして好まぬ妊娠。
出産させるには帝王切開しか無理です。
ただ、元の飼い主さんはそれを拒みました。


叔父から 「犬を飼わないか?」 そんな電話があったとき
ハナは出産間近でした。 手術をしないとハナもその子も死ぬのです。
その時の母の判断を尊敬します。


「手術費用も出す。 すぐ手術して連れてきて。」


そうして、我が家にやってきたハナと子犬3匹。
私の犬生活の始まりです。


カラーをつけて麻酔で夢うつつのハナは、出産した記憶がないせいか
傷が痛むのか、小犬たちがミルクをねだると激しく怒りました。
それでも、ちゃんと子犬たちを大きくしました。
3匹のうち2匹は、近所の家にもらわれていきました。
残った子犬はチビ。 女の子です。 私の親友です。


仕事をしていたハナはプライドが高く、とても賢い犬でした。
他の犬と仲良くすることはありませんでしたが、
喧嘩をすることもありませんでした。
もちろん、人に牙をむけたことは一度もありません。
愛想も振らない子でしたが。


チビはその逆です。 ものすごく愛想の良い犬に育ちました。
賢さはハナから引き継いでいました。
ある時、「うわ~ん、ハナにいじめられたー!」とウソ泣きをしたら
ハナに向かって、唸って怒ってくれました。
ごめんね、ハナ。 濡れ衣着せちゃって。
 

当時はドッグフードより、残りご飯などを与えていました。
母が2匹用にと作ったご飯を、姉と二人で「一口だけ!」と言いつつ
半分くらい食べたこともあります。
ごめんね、ハナ。 チビ。 あの日はご飯が少なかったよね。


ハナは最初の帝王切開で、避妊手術もしていましたが
チビはそうではありません。 一生の間で何度、子供を産んだんだろう?
そのくらいモテモテ犬でした。 そして、すごく良いお母さんでした。


私が犬小屋に近づくと、チビの小犬達が何かでキャピキャピ遊んでます。
なんだろう? そう思い見ると、小犬は蛇で遊んでました。
驚いた私は、何度もその蛇を捨てに行くのですが
その度に小犬たちが拾ってくるのです。
そのことを父に言いました。 もっと遠くに捨ててきて!と。
その蛇を見た父が言いました。 「これはチビが与えたんだよ。」
子犬のオモチャになるように、蛇の頭を噛みちぎっていました。
蛇の頭はどこを探しても見つからなかったのです。


そんな2匹ですが、父に捨てられたことがあります。
なぜ父が、そんなことをしたのか昔も今も分かりませんが
私はとにかく悲しくて、泣いて泣いて叫んだそうです。


「チビとハナを捨てるなら、お父さんが出て行け!」


この一言で、父はすぐさま保健所に。
無事に2匹は戻ってきました。


私はハナが何歳で我が家に来たのか知りません。
そして、いつ死んだのか記憶にありません。 なぜか覚えていないのです。
チビも9歳くらいで死にました。 今と比べると随分早いですね。


朝、道路で横たわっているチビを見つけました。
当時は放し飼いが主流だったのです。
事故に遭ったのかな?! でも、どこを見ても傷などは見当たりません。
犬小屋の場所と以前の自宅は100mほど離れていたのですが
きっと、最後のあいさつに家に来ようとしてたのかな?
きっと、そうだと思います。


20071017185928.jpg
左がチビ、右がハナ。 2匹が繋がれてるのは今のおちびハウスです。


最近、引出しからこの写真が出てきました。
ハナが半分しか映ってませんし、デジタルではないのでスキャナしたもの。
いい写真じゃなくてスイマセン。


この2匹が犬との生活の楽しさ、喜びを教えてくれました。
チビとは一緒に大きくなったようなものなので、特にです。
おかげで、私の人生のほとんどは犬と生活しています。
最近、いろんなブログでシェルターの話を見るので書いてみました。
私の記憶と、姉から聞いた話を元に書いてます。
文章ばかりだし、オチもないのですが、読んでくれてありがとう。




 ←今日も クリック ありがとう♪



にほんブログ村 犬ブログへ ←こちらも クリック ありがとう♪


スポンサーサイト
ぴっぴ
bonnyさんのお母さますごい!!
かっこいいですね。
そっかぁ、bonnyさんの生き物に対する姿勢は
お母さまから引き継いだものだったんですね。
言葉の端々に生き物への真剣さみたいのが感じられてたから。

>チビとハナを捨てるなら、お父さんが出て行け!
この言葉は名言ですね~。
お父さまにも効いたでしょうね(^^;
最後の写真、いい顔してる。
大事にされてたんだな~って分かります(^^)

2007/10/17(水) 23:51:00 | URL | [ 編集]
ボンのとうちゃん
いえいえ、しっかりと読ませていただきましたよ。僕も子供の頃から猫と生活をしていましたが、僕の親はちょっと違います。僕の場合は親は完全に反面教師でしたからね。。その事を書くと重くなります。。bonnyさんのお母さんはやっぱり立派な方だったんですね。
実は昨夜は夢で3年前に亡くなった婆ちゃんが出てきました。なぜか泣いて喜んでいる僕がいて。
今度は先に虹の橋を渡った猫達にあってみたいです。夢で会えるととっても幸せな気分になりますよ。
2007/10/18(木) 00:17:19 | URL | [ 編集]
ロンサム
思い出というのは、どうしてこうも断片的なんでしょうね・・・・・・。

私もどうしても思い出したいのに思い出せない事が
いくつかあります。
あんなに覚えていようと誓っていたのに・・・・なんとも不思議なものですね
2007/10/18(木) 00:19:18 | URL | [ 編集]
はなちん♪
お母さん 素敵です、なかなかいえない気がします。
特に今のウチみたいな集合住宅だと・・・。
じ~んとなりながら読んでいました。 

シェルター・・。悲しい現実でもありますね。
諸事情イロイロあるけど・・・。

チビはおちびちゃんのお母さんだったりする??

2007/10/18(木) 00:23:56 | URL | [ 編集]
uta
いいお話でした。bonnyさんのお母さん、えらいです。うちの母も父が無責任に弟のためにもらってきた犬を世話していました。私も無責任でまったく干渉しませんでした。後悔していますがどうにもならないのでせめてスパーキーとルルは一生懸命面倒をみたいです。
犬には従順と忠誠心を教えられます。動物って本当にひたむきでかわいいです。
2007/10/18(木) 03:14:59 | URL | [ 編集]
あが
私もぴっぴさんと全く同じ事を思いました。
お母様かっこいい!素敵です。
そして小さいbonnyさんの名言!お母様譲りですね。
最後のお写真からもハナさんの誇り高い雰囲気がよくわかります。
チビちゃんは今のおちびちゃんを彷彿とさせますね。
bonnyさんが本名を取ってしまったとはいえ
おちびちゃんと呼ぶことにしたのは、そういうわけ?

うちは弟が小児ぜんそくを持っていたので
犬が欲しくて欲しくて仕方なかったのに飼えませんでした。
妹や弟も同じ思いだったので、遠くにいるニコを溺愛しています。
2007/10/18(木) 05:57:18 | URL | [ 編集]
長助おかん
すばらしいかーちゃんです!
bonnyちゃんの優しさの原点でしょうか
わんことの生活ってほんとすばらしいですよね

うちは動物と生活するってのが絶対NGだったので
長助がはじめてです
ずっとずっと一緒に生活したかった夢が
実現してる最中です わんこ生活ばんざいですわ
2007/10/18(木) 11:37:46 | URL | [ 編集]
ゆるさく
お母様ステキな方なのね♪

私も何かしら動物の居る生活を産まれた時からしてたの。
私の幼少時代の子守りをしてくれたのはばあちゃんの家のマルチーズだったよ。じいちゃんっ子でスゴく賢くていい子だったけど、心臓病で死んじゃったんだ。それでも14か15歳だったかな。私も幼過ぎてハッキリとは覚えてないのよね...

うちの両親も動物が大好きで、特に父親は動物を慣らす才能がある人。どの動物も父親が一番だったな....
その影響で私も動物大好きw

現実には無理だけど、恵まれない環境の動物達を救ってあげたい気持ちはいつも持ってる。
動物飼うなら責任もって世話してあげたいと思う今日この頃です。
2007/10/18(木) 16:44:18 | URL | [ 編集]
りーにゃん☆
ほんとに素敵なお母様ですねi-189
その状況ですぐそんな言葉が言えるなんて…尊敬しますi-237
うちは自分で面倒見れるまでダメ、といわれていた家でした。でも今は実家にも犬がいます。もうすぐ9歳か10歳かな??
私が20歳位の時に母が知り合いからもらってきました。
今考えると、妹もそこそこ大人になって親も寂しくなったのかな?と思います。
動物を大切にできる家庭に育つことは子供にとってもいいことだと思うので、皆ペットも家族だと思ってくれるようになってほしいですね。
2007/10/18(木) 18:39:52 | URL | [ 編集]
マルコ
うちも一緒ですよ。
物心ついた頃からずっと犬がいました。
まぁ、そのほとんどが私が拾ってきた犬でしたけどね^^;(ソフィーも元迷子犬だけど。えへへ)
交通事故で死んじゃったり、帰ってこなくなってしまったり・・突然死んでしまったり・・・。
昔は今の様に動物病院もあんまりなくて、フィラリア予防さえもしていなくて、ペットは短命でしたね。
そして記憶も曖昧になってしまっている事が
妙に最近寂しく感じます。(たぶんソフィーのせいかな。)
その分、今の子を大事にしたいな。。。
と思ってしまうんでしょうか。。。

おちびハウス前でハナちゃんとちびちゃんが仲良く並んでる写真を見て、なんだか胸がきゅ~んと熱くなってしまいました。とてもいい写真ですね。



2007/10/18(木) 21:04:53 | URL | [ 編集]
YUCCI
こんなステキな2人のハウスを立派に受け継いだおちびちゃん♪
イイお話を教えてもらいました。

お母さん、優しくて強い人なんですね。
なんだか、じーんとなった。

ちびちゃんの最期、放し飼いが主流だったのに、家の傍の、bonnyちゃんに見つけてもらえる所にいたなんて。
泣けちゃう・・・。
2007/10/19(金) 01:28:48 | URL | [ 編集]
bonny@管理人
本日もコメントありがとうございます!
この2匹から私の犬バカ人生は始まりました。
子供の頃に飼えない人もいた中で、恵まれてましたね、私は。
お返事でーす。


>ぴっぴ様
母からすると、自分が妊娠・出産・流産を経験してたから見過ごせなかったのかも?
父への言葉はかなり効いたようですよ♪
姉いわく、言われて父は無言でいなくなったそうです。
迎えに行ったんですよねー。 (*´ノ0`)おほほ♪
>>最後の写真、いい顔してる。
そうなの! 私の中ではハナの笑った顔は記憶になかったんだけど
この写真ではいい顔してるんだよね。
楽しい犬生だったのかな?そう思える顔してて、ほっv-355としました。


>ボンのとうちゃん様
母が立派だったかどうか・・・・?
私はどうしてハナが家に来ることになったのか記憶にないんです。
姉の記憶を元に書いたので。
姉の中での母は、すごくキレイなイメージv-353になってるんです。
もし本当にそう言ったのなら、尊敬できるなと思って書きました。
数年前にこの2匹の夢を見たんですけど、いい夢じゃなかったー。
その時にこの写真を出してきてたんですけど、また発掘(笑)されたので。
次はいい夢が見れたらいいな~♪


>ロンサム様
私、すごく忘れてますよ!いろんなこと!
自信持っていうことじゃないけど。(笑)
でも、この2匹のおかげで犬バカは続いてるんだから、ヨシとしようかな?
>>どうしても思い出したいのに思い出せない事がいくつかあります。
ある時、ふとv-21蘇ってくるかも?
キッカケはまだまだありますよー。


>はなちん♪様
確かに環境もあるよね。叔父もそれを見越して電話をかけてきたんだと思う。
でも、母が2匹の散歩に行ったことはないと思う。(笑)
>>チビはおちびちゃんのお母さんだったりする??
これを読んでハッe-420としたの!
あれだけ何度も子犬を産んで、その都度あちこちに里子に出したから
直接の子供じゃないけど、血縁かも知れない?!
そうなら、おちびが我が家にきたのは必然だよね♪


>uta様
>>スパーキーとルルは一生懸命面倒をみたいです。
そうです、そうです。
これから書くつもりですが、私も後悔していることがありますよ。
みんなそうじゃないのかな~?
あがさんや長助おかんさんみたいに、飼いたかったのに飼えなかった・・・。
だから今の子を溺愛パターンも一緒でしょ?
過去の後悔があって今の犬バカ道があるから。(笑)
お二人さん、引き合いに出してごめんなさいe-466
反論はbonnyまで。 まっ、無いでしょうけど♪(笑)


>あが様
名言って・・・・。私は言った記憶はないんですけどねe-263
当時は一番効果的な言葉だったみたいです。(笑)
チビとおちび、似てますか?!
私の中で初代チビは特別な存在なので、よく似た子が好きなのかな?
名前はね、犬=チビ。
この構図が私の中で出来上がってるだけです。単純なのです。(笑)
飼いたいのに飼えない。 この気持ちすごく分かります。
その反動で今があるのも。
幼い頃の気持ちをニコちゃんとニコ妹にぶつけて下さい!(笑)


>長助おかん様
もしね、ハナが私を噛んだりしてたら今の私とは違ったかも知れない。
そうしてもおかしくはない状況だったのに、しなかったハナは賢い犬だったな~。
今となって分かることで、当時は分からなかったけど。(笑)
子供のときは理解してあげれることも、やってあげれることも限りがあったから
今のe-134の方が得かも?
長助君はおかんさんの今までの思いがある分、余計に得してるよ~♪


>ゆるさく様
ワンに子守りをしてもらってたの?いいね~♪
優しい子だったのね。エビスみたいな子じゃなくて良かったよe-263
エビスなら傷だらけになってたかも?(笑)
私はね、恵まれない環境の動物達を作りたくないの。
そういう子が増える原因は人の認識不足があると思うから。
エビスやおちびは可愛いけれど、でも手がかかるでしょ?
病気にもなるし、お金もかかるし、時間も体力も(笑)
出来るだけブログに可愛いところじゃないところも書こうと思ってるの。
それを見て飼いたいな~と思う人もいるだろうし、無理と思う人もいるだろうし。
飼えないけど疑似体験出来るだろうし。
ま、そう思ってるだけで実際は・・・・なんだけど。


>りーにゃん☆様
娘さん2人が離れそうになって寂しかったのもあるだろうけど
ご両親もホントは飼いたかったけど我慢してたのかも?
子育てに手がかかる分、ワンまでは無理と考えてたのかもよー?
ふふふ、そんな想像をしてしまいました♪
ウチの母のことはカッコよく書きましたが、
母がこの2匹の散歩に行ってるのは見たことないの。
またいつか書きますけど、母には別に溺愛v-347ちゃんがいたからね。


>マルコ様
そうそうv-21 昔は病院に連れていくのも一苦労でしたよ!
比べてみるとワンも長生きになりました。
それにワングッズの豊富なこと!
犬服なんて作る以外なかったんじゃないかな?
おやつも牛皮ガムがあったくらいで。
良かったね~、ソフィーちゃん。臭くてもヒヅメ買ってもらえて。(笑)
写真、仲良く並んでますが明らかに撮影者以外のものを見てますよね?
ナニがあったのかな?(笑)


>YUCCI様
この写真はブログ用にトリミングしたの。
実物はもう少しおちびハウスが写ってて、今と比べると、とてもキレイv-353
当たり前だけど、ドアもまだついてるし。(笑)
当時、夜は放し飼いにしてました。チビは最後、道路わきに寝てたの。
犬小屋のある敷地から家に向かって少し行ったところで。
偶然、私が最初に見つけたんだよね~。
今から思うと、かなり太ってきていて体の具合は悪かったんだと思う。
でも、いい思い出ばかりです。
2007/10/19(金) 04:48:23 | URL | [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

◆ 徳島で犬の手作り食が勉強できるところ


◆ FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

◆ 参加ランキング

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆ FC2カウンター

◆ 借りてます♪

あずきフォント ふい字

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 大女優エビ様の、ぷっぷくぷー all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。