大女優エビ様の、ぷっぷくぷー

◆ プロフィール

bonny.m

Author:bonny.m
ようこそ、奇特な方!

◆ 最近の記事+コメント

◆ 最近のトラックバック

◆ カテゴリー

BlogPeople
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
犬飼い暦 その2
これは私の犬との生活の歴史を綴っています。
一応、連載ものになっています。
初めての方は 『犬飼い歴 その1』 からどうぞ。


それから、今日はちょっと暗い内容です。
でも、書け書け!と言われてるような出会いがあったので書きます。




ハナとチビが我が家にきて数年たった頃です。
私は子供のときに日舞を習っていたのですが、
ある日、その教室に母がやってきました。
それはとても珍しいことで、驚いてる私に母が無言で手招きします。
お稽古を抜け出して母についていくと、母の車の助手席に小さな箱が。
中を覗き込むと、タオルにくるまった小さな小さな白い犬が寝てました。


美容師の母が先生と呼んでいた方が神戸にいます。
その日、母は神戸に勉強会に行ってました。
そして、その先生宅で生まれた子犬をもらってきたのです。
我が家での名前は ラッキー、 トイプードルの男の子です。


20071108160748.jpg
昔の写真で、かつ写りも悪いです。 スイマセン。


またしても、子供の私が「飼いたい!」と言う前に犬がやってきました。
しかも、今度は室内犬です。 とても小さくて、柔らかな毛並み。
ラッキーに夢中になったのは母でした。
どこに行くのも一緒、もちろん店ではラッキーの場所が確保されてました。
そんな風に育ったラッキーは、自分を犬だとは思ってなかったと思います。


犬は集団で生活する場合、その家族の順位を決めます。
父、母、姉はラッキーにとって自分より上位の存在でしたが
私は同等、もしくはラッキー以下の存在でした。


私が寝ていると、私の足元で寝るラッキー。
私の足が少しでも動くと、布団の上からガウガウと噛んできます。
布団の上から噛まれているのに、痛くて何度も起こされました。
起きてる時も同様に、何度も噛まれて私の手は常に穴が開いてました。


ある日、店のシャンプー台の椅子で寝ていたラッキーの手が
だら~んと垂れ下がってました。 日頃の仕返しをしようと思い立った私。
思いっきりラッキーの手を噛みました。
「ギャイン!!」 寝込みを襲われたラッキーは大声をあげました。


怪我をさせるほど噛みはしなかったけれど、仕返しに噛み返すなんて!
ラッキー、君の私への評価は間違いではなかったよ・・・・・。


20071108160658.jpg
ちなみにラッキーを抱いてるのは私です。


トイプードルは足が長いぶん、足に障害が出やすいのですが
ラッキーも1度、膝のお皿がゆるんでしまいました。
毎日、点滴を受けに病院に通い、家の中では歩いたりしないように
天井から吊るしたカゴの中でほとんどを過ごさせました。
その甲斐あって、しばらくするとちゃんと歩けるようになりました。


ラッキーもとても賢い子で、特に人間の言葉をよく理解していました。
「お顔が汚れてるよ。」(毛が長いので目やになどで汚れやすいのです。)
と言うとクッションや座布団に潜り込みます。 頭だけ。
面白くて、何度も言った覚えがあります。


ラッキーを溺愛していた母は、カットも自分で行ってましたし
洋服も手作りしてました。
ラッキーも母のことがとても大好きでした。
しかし、その母が病に倒れ、死んでしまいました。
ラッキーは狂ってしまいました。


トイレは失敗ばかり、覇気がないというか、ぼーっとしていました。
それも、しばらくすると落ち着いたように見えたのですが
今から思うと、元気のないラッキーに私達家族が慣れたんだと思います。


母が死んだからといって、日常は続いています。
父や姉は仕事に行きますし、私には学校があります。
母が経営していた店は、勤めてた方が引き継いでくれることになりました。
ラッキーを家で一人で留守番させるよりは、
今までみたいに店に連れていった方がいいのでは?
そんな結論に至り、朝、ラッキーを預けて、
学校から帰ってきた私が迎えに行くことにしました。


その日は雨でした。
濡れた制服を着替えてラッキーを迎えに行こう、家に寄りました。
電話が鳴り、ラッキーがいなくなったと言われました。
さっきまでいたのに・・・・・・と。


慌てて私はラッキーを探しに行きました。
もうすでに暗くなっていて、冷たい雨が降り続いています。
家からラッキーが行きそうな道を大声で名前を呼びながら。
交差点で悩みました。 まっすぐに行ったのか?曲がったのか?
曲がったコースはあまり行ったことがないはず!
それ以外の道から探しましたが、ラッキーの姿は見えません。


悩んだ交差点に戻り、私が選ばなかったコースを探しました。
その道はとても大きな道路につながっています。
大きな道路につながったところに何かが見えました。
近づくと・・・・・・。


20071108160722.jpg



それは、ラッキーではないラッキーでした。 
これは違う!これは違う! 何度も頭で否定しました。
でも雨に濡れたその後ろ足の毛が、お風呂に入れた時のラッキーでした。


ラッキーは一番信頼していた人がいなくなり、不安だったんだろう。
私達も母を亡くし、どうしていいのか分からなかった状況だったとはいえ、
もっと、ラッキーを安心させられたはずだ。
一緒に乗り越えて行けたはずなのに!
おかしくなっていたラッキーを知っていたのに!


母がラッキーを呼んだんだ。 家族で、そう言いあいました。
ラッキーが死んだあと、何度か家の中でラッキーを見かけました。
いつもの場所でいつものように丸くなって寝てるラッキー。
その姿はいつも寂しそうに見えました。
歴代のワンは我が家の敷地に埋まっているのに、ラッキーはいません。
私は変わり果てた最後のラッキーに触れることが出来なかった。
ちゃんとしたお別れも言えなかった。
だから余計に後悔が残っています。


動物を飼ってきた人は、それなりに後悔を持っていたりして
だからこそ、今の動物を大事にしたりしてるかも知れない。
ラッキーは私にいくつかの教訓をくれました。


たとえ私がどんな状態でも、ちゃんと観察を怠らない。
時間はかかっても、じっくり見ていると分かることがあるはずです。
その子にとって何がベストなのか。


たとえ私が先に旅立っても、犬には元気で余生を過ごさせる!
私の事を慕ってくれる犬は可愛いし、その子たちを見取るつもりだけど
もし、私が先に愛犬より旅立つことがあれば・・・・・
犬には私の事を忘れて元気に暮らしてもらいたい。
甘やかすだけでも、溺愛するだけでもダメ。


今回、ラッキーの事を書いていると、
あの日のことがまざまざと甦ってきました。 雨の冷たさや匂いまで。


ラッキー、ごめんね。 今も君が大好きだよ。
今の私はちゃんとやれてると思う?




 ←今日も クリック ありがとう♪




にほんブログ村 犬ブログ MIX小型犬へ ←こちらも クリック ありがとう♪



暗い内容なのに、最後まで読んでくれてありがとう。


スポンサーサイト
ロンサム
亡くなった命は帰ってくることはありません。
でもその残していってくれた想いは、今もbonnyさんの中にあるんですよね?
その想いをどうかいつまでも大切にしていってあげてください。
2007/11/17(土) 23:24:44 | URL | [ 編集]
長助おかん
会話できない分
自分のココロを研ぎ澄ませて
わんこのキモチを汲み取れたら、思ってます

bonnyちゃんのココロを
形成してる一部分にラッキーちゃんもいてるのでしょうね

2007/11/18(日) 00:28:13 | URL | [ 編集]
uta
そんな辛いことがあったんですね。そうやって私たちは失敗をしていろいろなことがわかるようになるものなのかもしれません。「みんなで乗り越えられてはず」というbonnyさん、いい言葉ですね。何か問題があったらみんなで乗り越えたいですよ。一人じゃなくてね。
2007/11/18(日) 01:21:12 | URL | [ 編集]
あが
うん、ラッキー君お母様のそばに行きたかったんですよ。
今はずーっと離れることなく、元気な姿で一緒にいるんですよ。
辛い悲しい思いをたくさん乗り越えて来た人は
その分優しくて賢くなってますもんね。
今そんなbonnyさんの側にいるエビチビちゃんは幸せです。

なんか淡々とした調子で書いちゃいましたが
↑これ書くまでにティッシュ5枚くらい使ってしまいました。
でも暗い内容じゃないよ。
bonnyさん、ラッキー君からたくさんのものを受け取ったんだもん。
2007/11/18(日) 01:54:37 | URL | [ 編集]
ゆるさく
悲しい思い出ではあるけれど、とても貴重で大事な出来事だった様に思えますよ。
命を大切に....頭では分かっていても、哀しいかな、人間は実際に自分が痛い思いや辛い思いを体験しないとそれを活かすことは出来ないですよね。
きっとラッキー君は大好きなお母さんのところに行く前に、大好きなbonnyさんに大切なことを教えてくれたんだと思います。

大切なお話しをありがとう(-人-)
2007/11/18(日) 12:20:09 | URL | [ 編集]
ぬぬ母
おちびちゃんやエビちゃんと楽しく暮らしているbonnyさんしか知らなかったのですが、そんな辛いことがあったんですね。。。
お母様もラッキーくんも今は一緒にいるんですよね。
もっと、こうしていれば、ああしていればと、その時も悲しかったと思いますし、今でも消えない思いですよね。
でもそれだけラッキーくんのことを今でも大事に思っているということですよね。
ラッキーくんはそれを知っていて「いいんだよ。ありがとうね」と言ってますよ。
私も大切な人を何人か亡くしています。
もう会えないことはもちろん寂しいんですが、亡くなった後、生前よりも私のそばにいてくれるっていう感じがするんです。
bonnyさんもお母様とラッキーくんといつも一緒ですよね。
2007/11/18(日) 15:25:50 | URL | [ 編集]
ぴっぴ
うぅ。最後の最後で泣いてしまいました…。
ラッキーのことを思い返してここまで書くの辛かったでしょ。
再確認のため、忘れないために文章にしたbonnyさんエライ。
私も以前飼っていた柴に対してちゃんと接してたかなって思います。
だからこそ、次に迎えるワンにはちゃんと幸せにしたい。
そう、溺愛するのではなく、甘やかすのではなくひとつの命として。

2007/11/18(日) 15:45:56 | URL | [ 編集]
さとちん
いまのbonnyちゃんは、ちゃんとやれてるよ。
ラッキーの代りにわたしが断言する!

ラッキーとエビ様ってちょっと似てない?

また、bonnyちゃんに泣かされた・・・ティッシュティッシュv-417v-416v-356


2007/11/18(日) 18:08:16 | URL | [ 編集]
ボンのとうちゃん
人それぞれと出会いと別れはあるもんですね。僕は子供の頃からずっと猫を飼ってましたが、歴代うちにいた猫は、みんな僕命でしたよ。
僕もそんな猫を思い出す事がよくありますが、事故でなくした猫なのに、僕に優しい気持ちを与えてくれます。

僕らは結婚しているので、一緒に事故とかに遭わない限り大丈夫ですが、万が一の時は、どちらかがしっかりと見て行く事を約束していこうと思いました。
悲しいけど、貴重な思い出のお話しを読めせていただけて、感謝しています。いまのbonnyさんはしっかりとされてますよ。大丈夫です。僕が保証しますよ。
2007/11/18(日) 18:53:22 | URL | [ 編集]
はなちん♪
切ないお話ですがきゅーんとなりました。

ちょっとうめをぎゅって使用かな・・。と思いましたよ。

2007/11/18(日) 18:57:14 | URL | [ 編集]
りーにゃん☆
辛い思い出を書くことって勇気がいるのに、忘れない為に書いたbonnyさん、尊敬です。
生き物を飼うって、いろんな責任がありますよね。
改めてLOTUSを大事にしよう、もしも自分が何かにつまずいても絶対にLOTUSのことはちゃんと見よう、と思います。
ラッキーちゃんはきっと天国でお母様と仲良く遊んでますよ。
2007/11/18(日) 19:42:05 | URL | [ 編集]
bonny@管理人
スイマセン、遅くなりましたー!
私の嫌な体験を疑似体験させてしまってごめんなさい。
お返事でーす。


>ロンサム様
犬によって性格も違いますけど、ラッキーには可哀想なことをしました。
当然ですけど、あの時はこんな結末になるとは思わなかったんですよねー。
すっごく後悔しましたし、今もその後悔は残ってます。
だから同じ後悔をしないように!と思ってます。


>長助おかん様
そうなの、犬は言葉が話せない。
でもゆっくりじっくり見てると分かると信じてます。
その上でベストだと思える判断をしたいです。
ラッキーには可哀想なことをしたと思います。
一緒の犬じゃないけれど、第2のラッキーを作らないぞ!と思ってるの。


>uta様
あの時は父も姉も私も、それぞれが自分の事だけだったと思う。
だから、ラッキーにまで注意がいってなかった。
本当は全員で乗り越えるべき(ラッキーも含めて)だったのに。
ラッキーはそれが嫌だったのかなーなんて思ったりもします。
ラッキーにしてやれなかったことを教訓として
犬と向き合っていきたいなと思ってます。


>あが様
今は母と一緒かも知れませんね~。
可哀想なことをしたので、ラッキーが楽しそうにしてくれたらいいな。。。
後悔ってなかなか消えないんですよね。
その分、今の犬に!とは思うんですけど、忘れがちになったりもします。
どれだけしても後悔は残ると思うんですけど、最小限にしたいなぁ。


>ゆるさく様
ずーっと頭から離れないってことではないんだけど
思い返すとやっぱりね・・・。
ラッキーが死んでから初めてラッキーを大切にしてなかったと気付いたの。
今さら遅いでしょ!と何度も自分にツッコミ入れたけど
そこで終わらないようにしようと思ってます。


>ぬぬ母様
ラッキーはいなくなってから大事になりました。
生前はそんなに可愛がってなかったんですよー。
その分、母が可愛がってましたけど、それだけじゃダメだったんですよね。
犬にも性格があるので、一概には当てはまらないですけど
そういうことも含めて今の犬達と向かい合っていきたいなと思ってます。


>ぴっぴ様
>>ラッキーのことを思い返してここまで書くの辛かったでしょ。
はい、とっても。 全然冷静に書けませんでした。
だから、書くのやめようかと、いつか書けるときに書こうと思ってたんだけど
ちょっとしたワンとの出会いがあって、これは・・・・と思って書きました。
その子のことも、また紹介しますね。
ぴっぴさんの次のワンはどんな子かなぁ? 楽しみですね。


>さとちん様
断言してくれて、ありがとう。
おかげでおちびは、私が1ヶ月家を留守にしたときも普通でした。
ちょっと痩せてたけど、それはご飯が食べられないとかじゃなくて
面倒を見てくれてる人に甘えて、長々と散歩に連れてってもらってたみたいです。
ご飯の量は私が指定してたから、痩せちゃったのね。
ラッキーとエビス似てる?エビスも溺愛してた人と死に別れてるからかな?
エビスは元気でエライよ、ホントに!


>ボンのとうちゃん様
ラッキーにはなめられてたんです、私。
滅多にすり寄って来てくれたことなかった。
そういうのが母には余計に可愛かったと思うんですよ。
ラッキーがおかしくなった事も私には衝撃でした。
それでも徐々に回復してくれてたら良かったんだけど
そうさせることが出来なかったので、あの結果になったんだと思います。
今ならもっと!そう思いますけど、今さら遅いんですよね~。
だから、なるべくそう思わない接し方を犬とはしていきたいな。
保証してくれてありがとうございます。


>はなちん♪様
ちょっとじゃなくて、いっぱいぎゅってして下さい。
うめちゃんが嫌がらない程度で。 笑
私ね、ラッキーが楽しそうにしてた顔、思い出せないんです。
牙を剥いてるか、ボーっとしてた顔だけ。
本当に可哀想なことしたなーと思います。


>りーにゃん☆様
犬の性格にもよると思いますが、変になったラッキーを
もっと支えてやればよかったなーと思います。
もし、出来ないのなら大事にしてくれる人に譲るという決断もあったのに。
さほどラッキーを見てなかったんですよね。
色々思うことはあるけれど、今の犬をちゃんと見て
ベストな判断を下したいなと思います。
私にとってベストじゃなく、犬にとってのベストを。
2007/11/19(月) 00:06:46 | URL | [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

◆ 徳島で犬の手作り食が勉強できるところ


◆ FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

◆ 参加ランキング

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆ FC2カウンター

◆ 借りてます♪

あずきフォント ふい字

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 大女優エビ様の、ぷっぷくぷー all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。