大女優エビ様の、ぷっぷくぷー

◆ プロフィール

bonny.m

Author:bonny.m
ようこそ、奇特な方!

◆ 最近の記事+コメント

◆ 最近のトラックバック

◆ カテゴリー

BlogPeople
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
災難犬救助の巻
一昨日の夜散歩中に起こった出来事です。
(画像は最後以外、別の日に撮影したものです。)



いつものように2ワンを連れて散歩に出ました。
私が夜散歩で歩いてるコースには
サツマイモ畑に囲まれた道があります。
道と並んで幅2メートルの水路もあります。
車も通れる舗装された道ですが、主に農業用の道路です。
ここをオフリードにして歩いています。





Wちび
左が姉の犬チビ、右がおちびですよー。




犬達は寄り道(シッコメールチェック)したりするので私が先頭を歩きます。
昨夜も私がスタスタ歩き、犬達と少し距離が空きました。
犬達が追いつくのを待とうと思い、幅2メートルの水路と
畑を繋ぐために置かれた鉄板(工事現場でよく見かけるアレです。)の
上に立ってました。そこから犬達がよく見えたから。
図にするとこんな感じ。




現地略図
『姉』と書いてますが姉の犬の事ですよー。




A地点からC地点に向かって歩いていく途中、B地点で犬達を待ってました。
私が待ってることに気付いたおちびが走りよってきました。
私はかがみこんでおちびを撫でていました。
その姿を確認した姉の犬、チビ。
「今日のオヤツも、もしかしてジャーキー?」と思ってたかどうか
定かではありませんが、ニヘラニヘラとゆっくり歩いてきました。
そして私の手前15センチのところまで来て、
・・・・え? まさか?




バッチャーーン!!




やりよった・・・こいつ・・・・。
水に落ちたチビの姿が一瞬消えました。
そんなに透明度のある水路ではないので。
飛び込んで助けるべきか?!と思ったとき、バッチャバッチャと
泳いで浮かんできました。
水位があったので、膝をつき腕を伸ばしチビ救出作戦開始です。
しかし泳いでなかなかつかまえられない。
自力で上がろうと思ったのかも知れませんが、
上がれるような足場なんてないのに・・・。
「チビ!こっち!」大声で呼びかけ、ようやく首根っこを掴み引き上げました。
引き上げた瞬間、私は思いました。
水に落ちたショックで興奮するだろう。大丈夫かな?
大丈夫じゃなかった。 姉の犬が体をブルブルっと振るうと
狂ったように走り回り出しました・・・・




おちびが。
なぜ、水に落ちてないお前が?





耳ペタおちび




まあ、おちびもビックリしたんでしょう。
私は姉の犬を引き上げることに必死で、
おちびがどんな様子だったか確認してませんが、
「落ちちゃった、あわわ・・・」と思ってたんでしょう。
そして「良かった良かった!」と走り回ったのでしょう。





喜びの舞?




しかし興奮状態のおちびほど脱走の危険が増すのです。
私は何度目かの呼び戻しに成功し、おちびを落ち着かせました。
すると今度は姉の犬がふいっとC地点に向かい歩き出しました。
呼んでも戻って来ません。でもある程度の距離で待ってます。 
私が近付くと離れる。 走ると向こうも走りだす。
無理もない。さっき私に近付こうとして水に落ちたんだから。
「よし、このまま帰ろう。オフリードだけど。」
車に十分注意しつつ、かつ姉の犬を刺激しないように帰りました。
それが良かったのか帰宅してリードをつける頃には平常通りでした。
タオルで「泳げたんだね、エライね。」と褒めつつ軽く体を拭いてやりました。


 


濡れ犬
普通にモグモグ猪肉入りご飯を食べました。




しかし道が無いことを気付かなかったんだろうか?
またぐつもりだったけど足が上がらなかったんだろうか?
でも、あのニヘラニヘラと近付いてきた顔を思い出すと・・・
可笑しくって可笑しくってたまらないのでした。







 ←皆さんも クリック で救助してね!




続きを読むに余談あります。





余談 その1
 この一連の出来事を、たまたま海外から電話のかかってきた
 姉に話したところ、第一声は



 「そのとき携帯はっ?!写真・・・いや、動画の方が・・・」



 でした・・・。
 持ってなかったし、第一持ってたとしても撮れるかっ!






余談 その2
 この一連の出来事を父に話したところ、第一声は



 「お父さんと一緒やなぁ。」



 でした・・・・。
 実は父も目をつぶって散歩していて、この水路に落ちたんだそう。
 なぜ目を閉じて歩いたのか?!
 水路まで距離があり、歩けると思ったんだそう。
 そして一緒に歩いてたおちびは落ちた父を見てキョトンとしてたらしい。
 そりゃあ、キョトンともするだろうよ・・・。


 
スポンサーサイト

uta
いやはや、側溝に落ちた面白いかわいそうな犬の話かと思ったらお姉さんは写真を要求しておとうさんはさらに衝撃的な告白というすごい何段階にも緻密に計算された笑い話だったというすごい落ち。
もうね~、このブログは目が離せません。面白すぎて・・・。
2009/09/16(水) 05:55:38 | URL | [ 編集]
ゆるさく
そうそう、オモチロ過ぎて目が離せない!!!
自分のブログ更新は出来なくてもここへの訪問だけは欠かせないwww

ってか、なんかおとーさんのファンになりそう......(もうなってるのか!?)

2009/09/16(水) 09:09:46 | URL | [ 編集]
りりあん
おとうさんもやっと告白の機会が持てて
スッキリしたんではないでしょうか(爆)



暗かったんだよね?
うちは人犬、共に泳ぎに不安があるので
二人して用水路に沈む羽目になるかも・・・。

気をつけよう。
2009/09/16(水) 09:51:47 | URL | [ 編集]
kao
うふふふふふ・・・。

面白すぎて笑いがとまりません。
私もカナヅチなので気をつけよう。
わっしょいのおちびちゃん片足浮いてる。
かわええのう。
2009/09/16(水) 13:14:32 | URL | [ 編集]
ぴっぴ
ホントだ!片足浮いてる!!可愛い~。
無事助け上げれてよかったね~。
ちょっとパニックになるよね。
なのに、動画て…やるなボニ姉。
ま、ボニパパなんて大きく引き離して
自らinしちゃってるけど。ぷ。
チビちゃん大丈夫でよかったね~。


2009/09/16(水) 13:19:11 | URL | [ 編集]
さとちん
bonnyちゃんが落ちたら、くろーる(←ひらがなというところで泳ぎのレベルを予想すること)で助けに行くからね(ノ゜O゜)ノ
2009/09/16(水) 13:24:53 | URL | [ 編集]
らずむっち
私の人生にこんなスリリングな出来事ってないわ~。
すごいなあ。v-12
「つづき」がさらにすごいなあ。衝撃です!!
溝蓋や柵のない道を歩くのが、恐いのですが
幸い、そういう道が近所にはないわ、よかった~。
2009/09/16(水) 14:10:27 | URL | [ 編集]
ブルーなビッグママ
おちびちゃん一人だけでも追いつけないのに、二人が逆方向にダッシュする恐怖でオフリードなんて絶対無理だわ~。片方がうちのモンみたいに絶対走らない子だったらいいんだけど・・・。
それに私、金づちなんで泳いで助けられない。
パパさんは何故に目をつぶって散歩を?瞑想?
2009/09/16(水) 16:49:26 | URL | [ 編集]
ロンサム
うーん。。。。。

お父さん、いったい何の意図があって
チャレンジをしていたんでしょうか(ーw-;)
2009/09/16(水) 22:42:05 | URL | [ 編集]
マルコ
目をつぶって歩くの、子供のときよくやったよね。
少年の心を忘れてない素敵なおとーさんだ。
手前15センチのとこで落ちたのが笑える。
ジャーキーのことで頭いっぱいだったんだぁ。
濡れたままもぐもぐしてる写真がみょ~に可愛い。(笑)
サツマイモとイモ畑に囲まれた場所では、ソフィーは絶対オフリードにできないわ~。
2009/09/16(水) 22:45:12 | URL | [ 編集]
じじょ
最後の最後まで、気の抜けない展開!
水路に落ちたチビちゃんも、奇跡の片足立ちのおちびちゃんも
そして、”続き”に隠されたお姉さん、お父さんに至るまで
すばらしい豪華キャストですね!
目をつぶって歩くって、なかなかできないですよねぇ?
2009/09/17(木) 02:06:32 | URL | [ 編集]
あが
一瞬「災難救助犬」か!と思わせておいて
よく見ると「災難犬救助」というタイトルのセンスが素晴らしい!
お姉さんのチビちゃんもいい味出してますねえ。
おちびちゃんもツボを心得てるし、素晴らしい!

でもやっぱりお父さん無敵よね(爆)
2009/09/17(木) 08:34:22 | URL | [ 編集]
ボスコ
見てもいないのに、姉犬ちゃんが「ニヘラニヘラ」して近づいてくる様子が自動的に頭に浮かんできて笑ってしまう。

おちびちゃんが興奮して走り回った様子も。

そして、姉犬ちゃんを救助するbonnyさんの姿もおかしかったと思う。

私がニヘラニヘラだわ。
2009/09/17(木) 14:10:30 | URL | [ 編集]
げんちゃん*
そのすごいお父さんの娘であるbonnyちゃんって最強ってことだよね・・・

お父さんのその様子を想像するだけでかなり・・・(* ̄m ̄)プッ
2009/09/17(木) 15:38:07 | URL | [ 編集]
*ちぃ-*
こんにちわ。

(;´-`)。oO(ぇ・・・)なんでお父様は目を閉じて歩いたのか?知りたい!

こんなオチがあると『大丈夫で良かった(。´▽`) ホッ』って思うはずが『良かった(* ´>艸<)゛』ってなっちゃいましたよ。
何はともあれ皆さん無事で良かったです。
私も溝に落ちないように注意しようっと。
2009/09/17(木) 17:10:42 | URL | [ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/09/17(木) 18:09:33 | | [ 編集]
いぬキャラメル
あ~私は子どもの頃、しょちゅう後ろ向きに歩いたり
目を閉じて歩いたりしましたよ。(笑)
(実は、今でも稀に…。)
後ろ向き歩きは姿勢良くするため、
目を閉じるのは目が疲れた時です。

お父さま、乾杯!
2009/09/18(金) 02:31:09 | URL | [ 編集]
みぃみ
ひさしゅうコメントお邪魔しますっ

てか、おもろすぎっ♪
にへらにへら・・・うちも想像して爆笑~!
しかも、落ちちゃってるし~
姉犬ちゃまも、さぞかしびっくりしたろうね
おちびちゃんも、パニックなるわねぇ~
おもろすぎっ
お父さんまでぇ~(爆)
2009/09/18(金) 03:17:10 | URL | [ 編集]
りりあん
puriさん!大変よ!

もう更新してるわよ@SMILES@@@@@@
2009/09/18(金) 09:38:51 | URL | [ 編集]
bonny@管理人
本日もコメントありがとうございます!
どうしてウチの家族では、犬が水路に落ちた話が
予想外の展開をしていくんでしょうね?
ちなみに父が落ちたのは、もう少し浅いところだったようです。
お返事でーす。


v-446uta様
>すごい何段階にも緻密に計算された笑い話だった
緻密に計算なんてしてませんよぅ・・・。
逆に計算してたらスゴイでしょうけどね~。(笑)
>もうね~、このブログは目が離せません。面白すぎて・・・。
そうですか?そう言っていただけるなら家族の恥を公開するのも
悪くないような気がします!


v-446ゆるさく様
>ってか、なんかおとーさんのファンになりそう......
じゃあ真似して目をつぶって歩いてもいいよ。
それとも石集めする?
でも、旦那ちゃんとか家族に嫌われるよ。(笑)


v-446りりあん様
>暗かったんだよね?
暗かったですよ~。でも近所にパチンコ店があるので
チビの表情とか泳ぎとかはバッチリ見れてました。
>うちは人犬、共に泳ぎに不安があるので
チビが落ちたところは人なら足がつきますよ~。
ただ上がるための足場がないので、私も飛び込みたくはなかった。
適度に水位があって助かりました~。(笑)


v-446kao様
>面白すぎて笑いがとまりません。
そうですか? ありがとうございます。
ブログする前からそうなんですけど、私が家族の愚痴を言うと
必ず友人達に爆笑されてたんですよね~。
ほら、昔は毎日一緒に暮らしてたから今より豊富だったんですよ。ネタが。(笑)


v-446ぴっぴ様
>無事助け上げれてよかったね~。
私が水路に入る羽目にならなくて良かったよ~。
入っても出るのにめっちゃ苦労しそうなんだもん。
もう少し水位が低かったら上から手を伸ばしても届かなかったもん。
色んな意味で良かった良かった。(笑)


v-446さとちん様
>くろーるで助けに行くからね(ノ゜O゜)ノ
分かった。さとちんが来てくれるまで浮かんどくよ。
大丈夫、昔は平泳ぎで県大会出たことあるからね。
しばらく浮いてられると思う。でもなるべく早く来てね。
昔って小学生の時だから。ブランクあるから。(爆)


v-446らずむっち様
>私の人生にこんなスリリングな出来事ってないわ~。
私も出来れば避けて通りたいんですけど、笑いの神は容赦ないですね。(笑)
>幸い、そういう道が近所にはないわ、よかった~。
いいなー。いっぱいありすぎます。
だから水路から上がるハシゴの位置を自然とチェックしてます。
今回チビが落ちたところはハシゴから遠かったから
どうしようかと思いましたよ~。(爆)


v-446ブルーなビッグママ様
>二人が逆方向にダッシュする恐怖で
ああ、そういうこともあるのか・・・。
今まで思いもしなかったです。変ですか?てか変ですよね?(笑)
>パパさんは何故に目をつぶって散歩を?瞑想?
改めて確認しました。
「目をつぶって何歩歩けるかな~?」とのことです。
障害物がなければ何歩でも歩けると思うけど・・・?


v-446ロンサム様
>お父さん、いったい何の意図があって
↑ブルーなビッグママさんのお返事にも書きましたが
「何歩歩けるか?」という単純な興味からきてたみたいです。
そういうことは原っぱでチャレンジしてもらいたい!


v-446マルコ様
>目をつぶって歩くの、子供のときよくやったよね。
私も時々やるけど(え?)絶対に真っ直ぐ歩いてると思っても
真っ直ぐは歩けてないじゃない?
だからそんな危険な場所でチャレンジしないけど
父は違ったようですよ・・・。
>サツマイモとイモ畑に囲まれた場所では、ソフィーは絶対オフリードにできない
掘っちゃう?ソフィーちゃん、芋ほりする?(爆)


v-446じじょ様
>最後の最後まで、気の抜けない展開!
私もチビが水に落ちただけで終わると思ってたんですけど、
次から次に新情報が!(爆)
落ちた日、すぐに記事を書こうと思ったんだけど
なんか疲れてて書けなかったんです。
1日延ばしたらコレですよ。トホホ・・・。


v-446あが様
>一瞬「災難救助犬」か!と思わせておいて
見間違ってくれた人いるかなー?ワクワク♪
『動物のお医者さん』で飼い犬に助けられたいって
エピソードあるじゃないですか?
でも結局、愛犬をかばって事故にあうパターンだ・・・っていう。
アレになるところでしたよ~。(爆)


v-446ボスコ様
>姉犬ちゃんが「ニヘラニヘラ」して近づいてくる様子
本当にニコニコじゃなくてニヘラニヘラしてたの。
足取りもトテトテ歩くって感じだったし。
引っ張り上げるときが、また最高に可笑しかったんですよー。
首輪はゆるいので首の肉(皮?)ごと掴んであげたんですけど
両手両足ぶら~んでしたから。顔は真顔だったし。
想像しました? 面白いかな?(笑)


v-446げんちゃん*様
>そのすごいお父さんの娘であるbonnyちゃんって最強ってことだよね・・・
うーんうーん、これは褒め言葉なのかなー?
褒め言葉なんだよねー?でもあんまり嬉しくないってなんでかなー?(爆)
>お父さんのその様子を想像するだけでかなり・・・(* ̄m ̄)プッ
父はその日、びしょ濡れで帰ってきたんだって。
父は散歩時間が早いから、私は全然知らなかったんだけど。
てかその時の洋服とかも私に気付かれず処置してたんだよね。(笑)


v-446*ちぃ-*様
>(;´-`)。oO(ぇ・・・)なんでお父様は目を閉じて歩いたのか?知りたい!
「目を閉じて何歩歩けるか?」というチャレンジだったみたいですよ~。
でも「いーち、にぃー、さーん、よっ!」だったらしいので
割と早く落ちてますね。てか早すぎですよね?
>何はともあれ皆さん無事で良かったです。
本当ですよ~。愛犬を助けて事故に遭うパターンになるところでした。


v-446鍵コメ様
どうぞどうぞ、いくらでもお使い下さい!(笑)
もう見つかりました?


v-446いぬキャラメル様
>実は、今でも稀に…。
私もやりますよ~。後ろ向き歩きは毎散歩でやってます。
理由はヒップアップに効果あるかな?と思って。
目を閉じるのは、私の周りに急に全盲になった人がいて
その人ってどんな感じなんだろう?と思って時々やってます。
でも絶対真っ直ぐは歩けないんですよね。
左右どっちかに寄っていってしまう。
父の理由とは大違いって事なんですけど、伝わってますか?(爆)


v-446みぃみ様
>姉犬ちゃまも、さぞかしびっくりしたろうね
落ちてすぐに浮かんでこなかったところをみると、
ビックリしたんだと思う。
水から上げてからはそんな驚いた感じじゃなかったけど。
てか、おちびが興奮してたから冷静になったのかも?(笑)


v-446りりあん様
>もう更新してるわよ@SMILES@@@@@@
早かったですよね~!驚きました。
これはもうpuriちゃんを休ませるつもりなのか?と思いましたよ~。(爆)


2009/09/19(土) 16:32:52 | URL | [ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

◆ 徳島で犬の手作り食が勉強できるところ


◆ FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

◆ 参加ランキング

◆ メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

◆ FC2カウンター

◆ 借りてます♪

あずきフォント ふい字

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 大女優エビ様の、ぷっぷくぷー all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。